勝ち馬を見抜く競馬予想術

競馬の予想がよく分からない、的中するにはどうすればいいのか?勝ち馬探しのちょっとしたコツを書き綴っていこうかと。

新着情報
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓お帰りの際にclickしていただければ幸いです↓↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ 競馬インデックス! 競馬@予想 
「この頭は堅い!」
「このレースは難解だけど軸はこいつだ」
「この馬は連に絡みそうだから点で拾っておこう」(※連=連対、2着まで)
など、『頭』・『軸』・『点』という単語、よく聞きますよね?
何気なく使っていると思いますが、本当にそれぞれの意味を理解していますか?

『頭』とは、馬券検討の中心馬で、1着に来ると予想した馬
『軸』とは、馬券検討の中心馬で、連対を外さないと予想した馬
『点(ヒモ)』とは、連対する可能性があると予想した馬
のことです。みなさんも概ね、この意味で覚えていることと思います。

『頭』または『軸』を決め、そこからいくつかの『点』に流して購入する、俗にいう「流し」という買い方で、一般的ですが基本だと思います。

ただ、『頭』と『軸』は正確にはイコールでもありませんし、必ずしも『軸』から昇華させたものが『頭』になるわけでもありません
『頭』というのは勝つ馬、1着に来る馬のことで、これを中心にして馬券検討をすると、
『点』は全て2着に来る馬というのが前提の予想になります。
しかし『軸』というのは連対する馬、2着までに来る馬ことで、これを中心にして馬券検討するのですから、
『点』は1着ないし2着に連対する馬という考え方になるのです。

『頭』と『軸』という似て非なるこの2つを区別するキーワードは「連対」です。
G1などのグレードレース以下のオープン戦~各下級条件戦などは、「勝数」・「勝率」以上に「連対率」・「連対実績」を重要視することが多々あります。特に穴を狙うときなどは。
こと競馬において、『軸』というものは「連対する」ということを重視した考え方であり、『頭』とは別物だということを覚えておいてください。

ところで皆さんは、有力馬が多くてに絞れなかったときや、取りこぼすのは嫌だなぁと思ったときに、5頭ボックスで10点購入してしまったことや、2頭の馬を『軸』として9点も購入してしまった経験はないでしょうか?

迷った末の4頭以上のボックス買いや、軸が2頭の多点買いになるようなら、そのレースは勝負しない方がいいでしょう。なぜなら、そのような買い方は勝ち負けにかかわらず、100%目が狂うからです。
取れている時はいいかも知れませんが、外しだすと『頭』・『軸』はおろか、『点』すら絞れなくなり、多点買いでも取れなくなったり、見当違いの予想をするようになります。
混迷したまま安易な方法を取ると調子の維持が非常に難しくなります。例えそれが3頭のボックス買いであっても、避けた方が賢明です。

『頭』・『軸』を選ぶというのは、そのレースのおおよそを自分なりに把握できているから選定できるということを忘れないでください。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

↓↓お帰りの際にclickしていただければ幸いです↓↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ 競馬インデックス! 競馬@予想 
コメント
この記事へのコメント
ブログ拝見させていただきました。
更新頑張っていますね。
これからも応援していますので頑張ってね。
2009/07/31(金) 08:58:42 | URL | ブログランキングアップ #-[ 編集]

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onmasan.blog47.fc2.com/tb.php/8-4bc6d590
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。