勝ち馬を見抜く競馬予想術

競馬の予想がよく分からない、的中するにはどうすればいいのか?勝ち馬探しのちょっとしたコツを書き綴っていこうかと。

新着情報
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓お帰りの際にclickしていただければ幸いです↓↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ 競馬インデックス! 競馬@予想 
前回の記事「調教の術は2×4つ」では調教の方法についてまとめてみました。
今回は調教のコース調教が行われる施設について説明をしたいと思います。

JRAの競走馬の調教は

栗東トレーニングセンター
美浦トレーニングセンター

で基本的に行われます。
(夏競馬で長期滞在する場合は、その競馬場で調教する場合もあります。)

また各トレーニングセンターには調教施設が設けられています。
調教に直接関係するものだけを取り上げますと

角馬場
プール
コース
坂路

となり、これらは両トレセンにあります。まずは施設の説明から参りましょう。

【角馬場】
両トレセンの角馬場は一周200~600mもあるオーバルコースの形態を取っています。
基本は準備運動を行うところですが、身体の出来ていない若駒や足元に不安のある馬、疲労の溜まった馬等にごく軽い運動をさせることも多いです。

新聞を見たときに「角馬場でダクを踏ませる」という表現があります。
ダクとは日本語で速足(はやあし)とも言われ小走りに進むことを指します。
早歩き程度に思っておくのが良いように思います。
つまり、角馬場で小走りの状態で運動(調教)をさせたと言うことです。
走り方の用語として他にキャンターというものがあります。
日本語では駈足(かけあし)を意味し、余力を持って走る事を指します。
競馬の場合、馬の走り方の用語はこの二つを憶えていれば問題ないでしょう。

ウンチクですが、レースの前に集まって回ってるコースから少し外れた場所をテレビで見たことがあると思います。あれも角馬場といいます。
本来の意味を考えるのなら、あちらの方がより正しい意味の角馬場です。またあの状態を「輪乗り」と言います。

【プール】
馬を泳がせて調教を行います。
水に浮くことを利用して、脚や身体への負担を軽減し、身体を絞ったり身体の強化を図ったりします。

浮力による負担軽減の効果はリハビリ的な要素が強いため、身体の出来ていない若駒、足元の不安のある馬、休養明けの馬等など、実戦に対して遠い馬に使用する場合が多いです。

【コース】
オーソドックスですが実戦に1番近い形の調教で、コースを走らせて調教を行います。
減量や筋力増強のトレーニングから本番に向けての調整まで、幅広い内容を行うことができることが特徴です。
ただ、敷いてある地面によってその効果が変わってきます

各トレセンのコースの種類

・栗東
 Aコース(障害コース、芝)
 Bコース(ダート) ○
 Cコース(ウッドチップ(通称:CW)) ○
 Dコース(芝)
 DPコース(ニューポリトラック(通称:栗P)) ○
 Eコース(ダート)

・美浦(北)
 Aコース(障害コース、芝・ダート)
 Bコース(ダート)
 Cコース(ダート) ○

・美浦(南)
 Aコース(ダート)
 Bコース(ウッドチップ(通称:南W)) ○
 Cコース(ニューポリトラック(通称:南P)) ○
 Dコース(ダート)

後ろに○の付いているコースは比較的よく使われるコースです

【坂路】
両トレセンともにダートの下地の上に、ウッドチップ(バークを混ぜたものも含めて)を深く敷き詰めてあり、坂を駆け上がることによっての筋力増強が目的の調教コース
トモや後脚の後駆の増強に加え、坂の傾斜のより一間歩が狭くなるため、ピッチ走法となり前脚のかき込み方が良くなったり、首を大きく使うため、低い姿勢への矯正が自然と行われるといった効果があります。
負荷をかけるという面を考えればコース追い以上の効果は得られる反面、バランスよく身体を作るには適しているとは言えないでしょう。
またコースの距離が短いため本数を重ねる場合もあります。
10年以上前であればコース1本追いに対して、栗東なら2本、美浦なら3本で同じくらいの運動量とされていた時期もありましたが、最近では調教の考え方が変わってきて、より効果的に調教がなされるようになり、1:2:3という単純対比な調教ではなくなってきています。

土壌の説明まで書くと倍くらいになりそうですので^^;
今回の調教コースの説明はここまでとします。
次回はその土壌について説明します。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

↓↓お帰りの際にclickしていただければ幸いです↓↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ 競馬インデックス! 競馬@予想 
コメント
この記事へのコメント
質問なんですが
今回の調教施設についての解説で障害コースがあるというのに驚きました。実は障害馬はいつ、どこで障害調教をしてるのか知らなかったので。もう1つ謎というか知りたいことがありまして、CWと今は亡きDWの違いなんです。知識として知りたく、よろしくお願いします。
2010/03/25(木) 15:03:32 | URL | 競馬1ファン #VzwKY6.k[ 編集]

競馬1ファンさんへ
コメントいつもありがとうございます。
質問の方、答えさせていただきます。

CWとDWの違いについて

まずDWの今回のポリトラックもなのですが
Dコースを分断して外側に作ったコースだと言うことです。
そしてDコースはCコースの外側にありますので内側から
CW、Dコース、DW(現在はポリトラック)という順になります。

 CW:一周1800m、幅20m
 DW:一周2063m、幅10m (Dコース:一周1950m、幅18m)
 栗P:一周2038m、幅14m (Dコース:一周1950m、幅14m)
(一周は内周の最短を計測するためDコースの距離自体は変わりません)

という風に単純な違いは距離になります。

また、
コーナーでの速度がDWの方が出せる。
最外周(9分目)の距離が大きく違う。

というところも違いとして上げられます。

距離を長く且つ速く走ることは、馬への付加は当然大きくなるのですから、
トレーニングとして、DWはCWよりさらにハードなものとなるわけです。

補足として下地のウッドチップ自体は同じものです。
2010/03/25(木) 16:52:47 | URL | おんまさん #-[ 編集]

早速の解答ありがとうございます
拝啓、具体的な解答に感動しました。CWとDWとの調教負荷の違いが理解できました。疑問点がでてきたら、お時間の許すかぎり、質問させてください。敬具。
2010/03/25(木) 18:34:18 | URL | 競馬1ファン #VzwKY6.k[ 編集]

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onmasan.blog47.fc2.com/tb.php/69-fa235e63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。