勝ち馬を見抜く競馬予想術

競馬の予想がよく分からない、的中するにはどうすればいいのか?勝ち馬探しのちょっとしたコツを書き綴っていこうかと。

新着情報
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓お帰りの際にclickしていただければ幸いです↓↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ 競馬インデックス! 競馬@予想 
本来なら今日は予想術の騎手の話をするつもりでしたが、
変更して昨日起きた事故とそれに対しての私の見解などを書きたいと思います。
騎手の項は次週に順延させていただきます。
本来なら金曜日にコラムとして挙げるべきなのでしょうが
どうしても気持ちは抑えられず、以前からの罵倒のコメントも叩き潰す意味も込めて書きたいと思う案件でした。
予想術を待っていてくれた読者の皆様、本当にごめんなさい。
エ杯以上にキレさせていただきますね。

1月11日の中山競馬場の第4レースの新馬戦でそれは起きました。
9頭落馬事故。JRA最大のもので障害の7頭がそれまでの最高だそうです。
平地ではここまで大きなものは例がないようです。

・レース状況~裁定
(何度も見直した上で文章にしました。決して思い込みでは書いておりません)
向上面でノボプロジェクトがハナを切り、1馬身差を追走するフォルメン、3番手にはトウカイシエロ、デプラータは7番手と中団に。
3コーナーを回りフォルメン騎乗の勝浦騎手が、逃げていたノボプロジェクトに外側から並びかける。
吉田隼騎手騎乗のトウカイシエロも、その外側にあわせ仕掛けるが少し置かれ遠心力で振られ少し膨らむ。
デプラータ騎乗の横山典がそこを見逃さず、その間隙に馬を入れフォルメンの外側後方を追走のかたちに。3頭はそのまま進出を始め、徐々に差は縮まる。

4コーナーに入り400m標識手前では、内からノボプロジェクト、フォルメン、デプラータ、トウカイシエロ、差もなくほぼ横一線に近い状態。
脚色のいいデプラータが2番手まで上がる、その外からトウカイシエロが被せにかかり並びかける。両馬コーナーをタイトに回りかける。
最内のノボプロジェクトはラチ沿いに張り付き先頭キープのまま。
ノボプロジェクトとデプラータの間で窮屈になったフォルメンは、すこし置かれる格好となる。しかし再度その間に割り込もうとする。
トウカイシエロはデプラータの外側を合わせるような形で併走してきたおかげで、デプラータは若干内目に切れ込む。そのせいでフォルメンの進路にさらに狭まる。それでもなおフォルメンは間隙を縫おうとする。
その矢先、ノボプロジェクトの右後脚が脚をラチ直下あたりを、砂が黒ずみ大きく跳ね上がるほど踏み込み、即外側に尻を振る格好となる。その振った尻がフォルメンの右肩あたりに接触、パッチン(馬体接触)に。
そのせいでフォルメンはバランスを崩し前のめりとなり落馬、後続にそれを回避する術はなく、次々と突っ込んでしまい9頭落馬という惨事となってしまう。
ノボプロジェクトを先頭にデプラータ・トウカイシエロの順で入着するも、第4コーナーで急に外側に斜行し、フォルメン号の走行を妨害したとされ失格となった。

落馬した馬には現状の診断では異常がないという事だが、
落馬した騎手のうち、ローレルデパール号騎乗の北村宏司騎手、オンワードオルデン号騎乗の小林久晃騎手、トラストフウジン号騎乗の柴山騎手の3名には異状がなかったものの、
フォルメン号に騎乗の勝浦騎手は右大腿部筋挫傷。
ジュアンレパン号騎乗の蛯名騎手は口唇裂傷、背部打撲。
シルクメガリス号騎乗の松岡騎手は口腔内裂傷、左側胸部打撲。
バトルスウィーパー号騎乗の中舘英二騎手は顔面挫創、頚椎捻挫。
バルビゾン号騎乗の後藤騎手は腹部・腰部打撲。
そして、ライラックパンチ号に騎乗の内田騎手は左尺骨近位骨幹部骨折。

三浦皇成騎手への制裁は、不注意の斜行とみなされ騎乗停止4日の処分が下された。

・裁定への私の見解
三浦騎手からは「他馬を嫌がり馬が蹴りにいった」と証言している。
ならば、分相応であり妥当だという他はないのかもしれない。
ただ、かばう訳ではないが、三浦騎手にあの一瞬を御せというのもは酷である。
あの一瞬を御せる騎手がいるのならご紹介願いたい。できるのは「事前」の話である。

私はメジロマックイーンの降着のものと少し類似していると思った。
あの時、メジロマックイーンを斜行にするのなら、引かなかったプレクラスニーも処分が下るべきだと私は思った。しかし実際は武豊だけが6日間の騎乗停止処分となる。
対象の多さ強引な切れ込みそのレースがG1であったということで世間体をも考慮すれば、不注意の妨害とは見てもらえず、重大な過失と取られたわけである。
当時はそうは思えなかったが、今では分相応な処分だと思っている。

今回であれば、落馬したフォルメン号の勝浦騎手も全く引かず、さらに間を割りに来ている訳である。以前の考えのままならば、勝浦騎手も審議対象になるべきと考えるし、行き過ぎた騎乗とも考えられなくはない。
しかしレースに携わるものは皆危険行為の寸でのところで「勝負」をしているのである。その行為自体は審議対象なのだろうか?
また、外側から内に切れ込みつつ進出した横山典騎手ならびに吉田隼騎手も拡大解釈すれば責任の一端はある。デプラータはフォルメンの、トウカイシエロはデプラータのそれぞれの進路を潰しに(押さえに)行ったのだから
見た限り正攻法なものであったと思うが、拡大解釈が通ればこれに於いても審議対象になるのだろうか?
割って入ったことも、進路を潰す(押さえる)ことも、前方の進路を妨害することなく、馬体の接触等が無いのなら、全て技術の範疇なのである

かといって全てを技術の域だと判断し誰もお咎めなしとなれば、巻き込まれた馬や騎手、とりわけ一番の重傷者である内田騎手はたまったもんじゃない
裁定が万人が納得を得られるかどうかを別にして、何らかの形で「落としどころ」というものが必要になってくる

他馬を嫌った馬の突発的ともいえる「偶発的な妨害」であったとしても、起因の接触を起こした馬であり、該当騎手が蹴りに言ったと答えていて、結果が最悪なものである以上「不注意での妨害」でしかなく、それ以上にもそれ以下にもならない。
今回の落馬事故に関しては起因となった三浦騎手が運悪く詰腹を切らされるということで幕引きされる見方もできるが、別の観点から見た場合は妥当な線と言えよう。
接触して落馬したということは「結果そうなった、そして事が起こった」ということに過ぎない
競馬だけに関わらず、レース・競走・タイムトライアルというのは得てしてそういうものである。
故に三浦騎手が、ただの暴言のみによる非難を受けることに私は疑問を感じる。

逆に「騎手の故意じゃないだろう」という意見は分からなくはない、が、競馬にもルールはある
この場合のルールはレースを裁定委員が監視して、裁定に当たる行為があるかどうかを見極め、有すればそれを審議し裁定を下し、最悪の場合制裁を下すというもの
その役をどこの誰が使役しているのか全くもって私は知らない。その人たちにそれらを見る目があるのかどうかも知らない。しかしそれが現行のルールであることは事実である。
競技というものは、そこに不条理の存在の有無に関係なく、その規定やルールの中の公平に則られることを原則として行われることを基本とする。それが如何なるものであってもである
それらを無視しての励ましや反発しての庇い立ては、甘やかしにしか見えず如何なものかとも思う。

・これにかこつけて秋華賞の斜行を悪い例としてあげてみる
私は今回のこと以上に秋華賞の安藤騎手騎乗のブエナビスタの降着の方が「悪質極まりない」と思っている。いい機会だから書いてみる。
あの審議ランプが点灯したのは3~4コーナー付近で、審議対象はブロードストリートの進路を横切ったせいで、馬が立ち上がったという点である。
実際、あれ1点を捕らえた場合、過怠金程度の妨害にしかならないのだが、下った制裁は4日間の騎乗停止である。
あれはそれ以降の直線走路での騎乗の悪質さに対してのものの方が大きく問われたのだと見ている

直線に入りすぐに再度ブロードストリートと交錯することになる。
安藤騎手は後方確認のため外ラチ側から後方に振り向く。その瞬時に藤田騎手は内側の進路を半歩分取る。安藤騎手は外側に進路を取る。これは藤田騎手の経験からのファインプレーだったと見ている。直視したわけではなかったと思う。ただ前の騎手の頭が外側から振り向いたということから、瞬時に体が判断して内に入ったのだろう。
あれがなければ安藤騎手はもうひとつ斜行を犯す結果となっていた
しかし、安藤の暴挙はそこでとどまらなかった。
後方確認して外に進め始めた後、さらに外側に進路を取り最内か2分どころからレッドディザイアの外側位置の7分どころあたりまで斜めに進路を取る
確かに後方の馬に対してはその脚色の分、斜めに走ろうともその差は広がっていったのだから斜行とは言えないはるか前方で斜めに走ったところで、他馬の進路の妨害することにはならないのである
しかし、それはある種の結果論。妨害がなかったとはいえ、審議ランプ点灯後にすぐそれなのである

競馬学校では、直線走路でまっすぐに馬を走らせることを3年間みっちりと仕込まれる。
中央競馬において、直線走路は絶対にまっすぐ走らせなければならないのである。例え斜行壁のある馬であろうとも、それを御するのが騎手の義務であり勤めなのである
その観点を考慮すると、対象の斜行も直線への布石で、その当初から横切ろうしていたと推測されてもなんら不思議ではない。騎乗するのも人ならば、裁定するものもまた人なのである
度が過ぎた騎乗と見られてしまっても仕方が無いし、私が裁定委員ならやはり直線走路の内容も加味して考えているだろう。

「あそこは勝負どころで馬が固まってくるところだったし、結果的にああいう風になったから、JRAとしてはこっちに責任を持たせるのかな? まあ、でも決めるのは裁決だから」といった安藤騎手へ。
直線走路での己の行為を棚に上げ、そう言い張るのなら笠松にお帰りになられたほうがいい。
御法不良でもない限り、中央の騎手はあそこまで斜めに走らせることは故意の騎乗ではありえない。
今でも地方騎手の習慣が抜けてないと言われても致し方ないし、中央の型に合わせて騎乗している地方出身騎手にも失礼だ。
基本的な部分において、郷に入っては郷に従えが出来ないのなら、どれだけの技術を持とうとも、
どれだけの連対率を誇ろうとも、そいつはただの害でしかない。
前後の騎乗も含めて、ブエナビスタから降板させられて然りだ。
年齢的なことから騎乗数を抑えて精度を保つ努力は大変立派だと思うが、そういうところにも配慮できるようになっていただきたい。

・某所で誹謗中傷する方々へ
よく掲示板やいろいろな所を介して、裁定に異議異論を言われるファンの方が多くいる
それ自体は一向に構わないし、やるべきだと思う。
今回の三浦騎手の件も、いろいろなところで意見が交わされている。肯定的な意見や否定的な意見さまざまでいいと思う。どれが間違いとも思わない多少きついことであってもいい機会だと私は思う。ただ誹謗中傷や罵詈雑言のみというのは良くない
某所で異議異論を唱えているファンの方々に物言わせていただきたい。

あの4Rの映像を見れば、また新聞に書かれている記事を見れば、何かしらの感情が先立ち、それに従って発してしまうという事は素直に理解できる。しかしその前に、最低限自分のやっているもの携わっているものの規定やルールくらい知ったほうがいい。また、それを加味して考えることをしたほうがいい
分からないことは何も悪いことではない、知ればいい、調べればいいだけの話なのだから
分からないことを知ろうともせずに、先に進め感情のままに暴言を吐くことが愚かであり悪になるのだから
だからと言って罵詈雑言や罵倒をやめろとは言わない、ある条件を満たしていればそれでいいと思う。
どうしても感情論から罵詈雑言や罵倒を浴びせたいのなら、ある程度の高みまでは自分を引き上げてからにしろ。規定やルールや意味も知らないままほざくんじゃない。
そこまで達していないのなら言葉を選ぶんだ
しない、その気がないのなら、さっさと競馬をやめたほうがいい。
暴言を吐かない気がすまないものをやり続ける必要はない。
物言うなら自分にその資格があるのか、その言動に責任はもてるのか、自分自身に問いかけて欲しい


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

↓↓お帰りの際にclickしていただければ幸いです↓↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ 競馬インデックス! 競馬@予想 
コメント
この記事へのコメント
結局、感情論に過敏に反応してるのが貴方だと思うよ?
感情に責任持てって強引過ぎるぞ~♪
ストレス溜まってんだな?
気ぃ悪くしたらごめんね?
…書きたい気持ちは
…分かる 様な 気がします…

おやすみ~♪
2010/01/12(火) 19:43:25 | URL | モトフュミン #-[ 編集]

モトフュミンさんへ
小難しい文章の羅列を見てそう思われたのでしょうけど
溜まってた鬱憤というよりは、もっと単純に以前書きそびれてしまったことが
今回のことで書く機会を得たというだけなんです。
あと元々がこういう書き方しかできないのも相まってそう見えるのだと思います。
それに加えて叩きコメントや誹謗中傷から無関心に削除するのをやめて、
相手をしてあげようと考え方を変えただけなんです。

なので、ストレスも溜まっていなければ気も悪くしてませんし、
感情的にもなっていませんから大丈夫ですよ^^
むしろ意見を頂けて嬉しいです。
気を使っていただいてありがとうございます。

モトフュミンさんが思ったことは、
モトフュミンさんの内にある本心の部分であって
どこかしらに共感を覚えてくれたものだと思います。

あと責任を持つのは暴言や誹謗中傷を浴びせたい人に言及したもので
肯定的否定的に関わらず普通に意見を書き込んだ方のものを、そう言ったのではないのです。
口に出すのではなく文章にするのですから、考える時間はいくらでも取れます。
つまり、書く前にいくらでも言葉を選ぶことはできると思います。
文字にしてしまうと誰にでも確認できるものとなります。
自分で文章化した意見くらい責任は持っても悪くないと思った次第です。

よろしければまたお越しになってください^^
2010/01/12(火) 20:58:39 | URL | おんまさん #-[ 編集]

その通りだと思います。が。
こんばんは☆

おんまさんの言うとおりだと思います。
感情をぶつけたいなら、ある程度知った上で言え。
世間では当たり前のことだと思います。

よく知りもしないのに責任論や文句だけを言う。
こんなことネットだからできることですよね。
確かにみていて気分が悪い。

それと、その意見を吐き出す口をご自身のブログに
されたのも間違いではないと思います。
コレでいいのではないですか。
自分のブログは自分の意見を言うところですから。
皇成くん本人のブログや、誹謗中傷を言っている
人たちのブログに書いているわけですもんね。

最後に少しだけ自分の見解を・・・。
ただ、今回の件と秋華賞のアンカツさんの件とを比較して
アンカツさんを責めるというのは違うと思います。
なぜなら、おんまさんは”裁定”について、

「その役をどこの誰が使役しているのか全くもって
私は知らない。その人たちにそれらを見る目があるのか
どうかも知らない。しかしそれが現行のルールであること
は事実である。」

と記載されているからです。

もしもですが、アンカツさんが裁定についてのクセを
(裁定が曖昧で良い悪いの判断基準が「おきた事の重大さ」
に依存する傾向にあるということ)、熟知していて、
そのルール内で、大きな語弊のある言葉で言うと
「これは大丈夫じゃないかな」という感情でやった
としたら。(カットの後の直線斜行の話です)
それはルールに従った行為ということになります。

藤田伸二さんが、裁定について、裁定委員についての
見解を著書にて述べています。
これをあなたはお読みになった上で、秋華賞のお話を
されているのでしょうかね。

野球でも同じですよね。
判定が間違っていると感じていても、それが絶対なら、
”悪い意味でも”それに従う。
そう考えればアンカツさんの行為は、あなたに
責められるべきものではないと感じますが。

長文になり、失礼しました。
お気を悪くされたのであれば謝りますので、本コメントは
削除していただいて結構です。

いつも参考になる記事をたくさん書かれていて楽しく
拝見させていただいています。

これからもまた、よらせていただきますね。
ではでは、また☆
2010/01/12(火) 21:52:59 | URL | ★まあさん★ #rEYhRaLU[ 編集]

こんばんわ
とにかく大変な事故でしたね

やはり色々とこの問題、過熱しているのでしょうか!?
私も、ほとぼりが冷めていつものようにブログで書いてみようかなぁ^^

内容は、気持ちはわかります。
こうした問題が起きた場合、当事者よりも
その周りで騒ぐ人こそ、口を慎むべきです。


ただ感情で誹謗中傷を言ってしまう
……これは若気の至りが多い

・問題をしっかりと飲み込んで、最低限の知識と責任を元にモノを言う
・何も言わずに当事者の気を組んでやる

「なぜそれができないんだ!」と
すべての人にいうのは無理でしょう。

なので30代以上の男で、ピーチクパーチク言った輩限定で
感情で騒ぐのは、ガキか女にしとけ!ならよかったかな、と


審議の内容や裁定委員については
先にまあさんも言われているように、根本的な問題があり
個人的にいろいろ考えるのは無駄な気がしてスルーしています。


それより今回の事件、そもそも
それを伝えた大手競馬情報メディアの記事がいけない!

またこれが言葉のワンフレーズだけ強調したような書き方してやがる

そりぁ、血の気の多い若者や被害を受けた馬やジョッキーのファンなど、感情的になるのある意味しょうがない

個人的には、この問題で騒いでいる競馬ファンより
この記事を書いている競馬メディアに問題あり!

どうでしょう、こんな感じで^^
2010/01/13(水) 00:32:16 | URL | 武虎 #-[ 編集]

Re: その通りだと思います。が。
コメント大変ありがとうございます。
安藤騎手に対しての私の批判が異論を申し出ていただいて嬉しく思います。
ただ、私の文章が悪いのでしょうね。

私が書いた裁定のところの

「その役をどこの誰が使役しているのか全くもって
私は知らない。その人たちにそれらを見る目があるのか
どうかも知らない。しかしそれが現行のルールであること
は事実である。」

野球を例に出していただいたので、それを使わせていただきますが
審判の名前ってスコアボードにかかれますね。サッカーでも審判の名前は告げられます。相撲もそうですね。
競馬は?
そういう意味でどこの誰がと申し、それが常に同じかどうかも公開されることすらない。免許があるわけでなく、騎手調教師等の元競馬関係者だけで構成されるわけでもない人の集まりに対して、見る目があるのか~と申したわけです。
しかしそうであっても、それに問題があるといわれていようと、現行のルールだと嫌味をこめて述べた次第です。

安藤騎手の裁定については、
網の目をくぐるような走らせ方をしようと、他馬を鞭でしばきあげようと
はっきりいってどーーーだっていいんです。
なのでコーナーも直線も斜行もどっちゃでもいいんです。
レースやりゃねあんなもんいくらだってあるんです。
だから斜行の事実も降着もそれに下った裁定も何とも思ってません。
あーぁやっちゃってね~程度ですよ。

だからレース内容の部分に関して私は安藤騎手を扱き下ろしたことは書いてないと思いますが?
暴挙というのはあくまでも斜行からの経緯を持たせるのに、他にいい言葉が浮かばなかったんですよ。3時間ほど考えて暴挙に落ち着けました。
レースの説明部分は完全にと思えるくらいに、個人的感情を省いた文面になっているので、その部分を指摘されているものではないと思いますがそこは問題ありませんか?

私が腹立たしく思ったのはインタビューに答えた内容です。

「あそこは勝負どころで馬が固まってくるところだったし、結果的にああいう風になったから、JRAとしてはこっちに責任を持たせるのかな? まあ、でも決めるのは裁決だから」
どこをどう読んでも、「俺が悪いの?何で俺なわけ?あぁそうですかへいへい従いますよ」と言ってるようにしか私には取れません。
秋華賞です、三冠だったんです。
2着で悔しい上に3着降着もついてくりゃそりゃ腹も立つでしょうよ。

だからって何ほざいてもいいわけですか?
自分のしたことは自分が一番分かってるでしょうに。
それ棚にあげますか?
それでへいへい罪かぶりゃいいんでしょっと、
JRAの中でもTOPクラスに位置する騎手が吐き捨てるんですか?
そんな程度の文句しか言えねぇなら笠松帰れや!
やった事はやったこととして口に出さなくていいから真摯に受け止めろや!
岩田も小牧も内田も耐えてがんばってんだろうが!
やつらお前を手本にしてるんだろうが!理解しろよ!
ブエナビスタだってお前があの脚に不安を持って騎乗したことの結果だろうが!
いろいろがんばってんのわかるからや、少しは空気嫁よ!つまんねーこというな!

とアホな文章書きたくなかったから自分らしくあぁ書いたんですけどね。
酷評したことは事実ですよ。肯定します。

藤田騎手の本ですか。友人にあらかたの内容は聞いたことはありますが、手にとって読破したことはありません。では聞きますが、それを読まなければブログで批判しちゃダメなんですかね?それはそんなに正しい内容が載っているのでしょうか?
藤田騎手から見た解釈ですよね?それひとつ読むだけで裁定に関しての全てが書かれているのなら、読んでいない私は何も言ってはいけないのでしょう。
私個人で調べたものでは、プロのされたものではないから、信用できないということでしょう。
(裁定が曖昧で良い悪いの判断基準が「おきた事の重大さ」に依存する傾向にあるということ)
これは藤田騎手の本に書いてあった内容なのでしょうね。
ただ言わせてもらいますが、ある程度競馬をすれば大抵の人そう感じますしそう認識しますよ。騎手にわざわざ言われなくとも。大川慶次郎さんの書籍や新聞の記事を長きに渡って読んでれば、嫌というほど出てきますから。マックイーンが斜行ならプレクラスニーも処分しろ!と言われたのはあの大川さんですからね。また新聞の色々な記事等でも多数読み今日までやってきましたがそれでは物足りませんか?

今回のこととは関係ありませんが、今は日刊スポーツの伊藤雄二元調教師のコラムがG1の時限定でやってます。それは欠かさず読むようにしてますね。

アンカツさんが裁定についてのクセを~それはルールに従った行為ということになりますのところですが、貴方の述べている「大丈夫」はルールに従ったものという認識はおかしいですよ?
その大丈夫は反則かルール内かの瀬戸際、つまりグレイゾーンを差すのですよ?
それを堂々と従ったものというのはおかしいと思いますし、レースではそのグレイゾーンで騎手の腕といわれるか反則行為と見なされるかギリギリのところで皆やっているんです。それがレースの醍醐味であり、しのぎ合いせめぎあいになるんです。これは想像ではなく自分が馬ではありませんがレースをやったことがあるから分かるんです。そこで「これは大丈夫じゃないかな」というような悠長な判断はしませんよ一瞬一瞬を即です。
もし今回の直線走路を斜めに走ったことを裁定としてあげるのなら「過失や不適切な行動」として裁定されます。これで裁定されるとするならばよほど、粗悪に見られた場合でしょうけど、過去にないわけじゃないんですよ?それから比べれば安藤騎手のものはまだましなのかもしれませんけどね。ご存知でしたら長々とすみません。

「そう考えればアンカツさんの行為は、あなたに責められるべきものではないと感じますが。」
好きな騎手の悪口を書き、気分を害したことは謝罪いたしますが、
記事の90%以上は自分の長年の蓄積の中から書き上げているものです。
コメントを読み終わった後であっても、自分の書いたことが間違っているとは思いません。

全ては私の文章が悪いんでしょう。真にすみません
気分は悪くありませんしコメントも消しません。謝っていただく必要もありません。
私は一石を投じたのですから、意見されるの当然の流れです。
ただ、消してもいいなどと書くのなら初めから書かないでください。
自分の言ったことには責任を持ってください。
逃げを打つのは私のブログでは最低限やめてください。
2010/01/13(水) 03:36:25 | URL | おんまさん #-[ 編集]

Re: タイトルなし
武虎さんこんばんわ。

んーそのあたりの年齢が勘違いしてるんですよねぇ確かに^^;
でも、ある意味の戒め的な感じで捕らえてくれたらいいなと思い書いたわけです。
正直、今回の記事と書き方が色々な意味で批判されることは最初に覚悟した上で
落馬記事と斜行記事の両方を書いた次第です。

落馬事故の当事者自身が何をしたのか分かっていると思います。
それは斜行の当事者も同じです。
落馬のほうが注目された分大きく非難され4日間では足りないと言われるほどに、斜行のほうは馬のカリスマの陰に隠れてポイント部分だけが公表され4日間の騎乗停止の疑問に何ひとつ上がらないどころか何故4日もと言われたりする。
たまたま日数が同じなのに、内容も裁定もこうも違うものかという部分で合作にしてみたんです。

落馬のほうはああするべきではなかったと悔いているでしょうし、またそれだけの風当たりも受けつつあります。
斜行のほうはどうでしょう?「自分は悪くないのにそれでも私が詰腹切ればいいんでしょ?」的なコメントを堂々と残している。そこにそのレースで犯した自分の所業は棚に上げてしまっている。
それでも裁定は同じ4日間騎乗停止。

今回の落馬事故をもし世間体を図って裁定を出すのなら4日程度ではすまないと思うんですね。
また、記事にも書きましたが斜行のほうの裁定もそこだけを取れば過怠金程度のはずなんですよね。
でも裁定は両方4日間騎乗停止。

落馬のほうは偶発的な走路妨害や不注意程度にはまず当たらないもの、それでも騎手が馬が蹴ったと釈明し、それに対しての裁定を下した。
ならそれでいいじゃないと思うんです。彼の行為は今回の制裁程度では到底購うことはできないのだから。
斜行のほうは「いつもそういう言い方しないでしょあんた!」ってとこに苛立ちを覚えたんです。でも感情的に書きたくなかったたのでずっと寝かしてたんです。
ちゃんとした批判をしたかったから。それもきつい物言いをしたかったからで書きたかったから。

「それを伝えた大手競馬情報メディアの記事がいけない!」
えぇあれはだめ。完全なつるし上げですね。
あの後、ブログのほうに行きましたよ。酷かったですね。
制裁執行の前にもう制裁ですかと思ったくらいに。
罰則というのは戒めるため悔い改めるためだというのに、潰しにかかりやがる。
なので私は今回批判する側に立たなかったんです。
私の批判は潰しをかけるためのものではないから。

これでまたへんな書き込みが増えたら、またコメント回りいけなくなるのですけどね
^^;
2010/01/13(水) 04:21:07 | URL | 武虎さんへ #-[ 編集]

こんにちは。

昨日のコメントとおんまさんのレスを何度も読み返しました。

まず、裁定についてのお話は、確かにワタシの穿った見解だと思いました。
いろいろと難癖?めいた論理を書いてしまいましたが、おんまさんの記事と
照らし合わせると、大きく間違っていたと思います。

いろいろと自問自答した結果、
やはり、アンカツさんに対するおんまさんのご見解に違和感を覚えたこと
からくるものだったことがわかりました。

大変申し訳ありませんでした。

ワタシはアンカツさんを特別応援しているといったわけではないのですが、
「暴挙」という言葉と「笠松にお帰りになられたほうがいい」という言葉に
違和感を感じた次第です。
う~ん、そこまで言わなくてもなぁっというのがワタシの正直な見解です。

いずれにしても、感じ方は人それぞれ、それを記事にするかどうかも
またしかりですので、該当部分については、読者であるワタシが
読み流すべきだったのかもしれません。

そういった意味も含め、偏った、かつ責任感の薄いコメントを
入れてしまったこと。お詫びいたします。
大変、申し訳ありませんでした。


ヘンな味噌をつけてしまい、本当に後悔していますが、
おんまさんのわかりやすい解説、いつも楽しく読ませていただいてます。
これからもまた、参考になる記事を楽しみにしています。

失礼しました。
2010/01/13(水) 13:41:31 | URL | ★まあさん★ #rEYhRaLU[ 編集]

おんまさん、こんちは。

なかなか攻めますね~ ^^;

私もパトロールビデオ何回か見ましたが・・・・
うーん、確かに馬が蹴ってるように見える。。。
あれを斜行と言うかどうか・・・

言葉は悪いが、もしジョッキーが無名だったら
こういう騒ぎにはならないわけで
マスコミや世論というのは
スターを叩く機会を狙ってるという負の面がどうしたってありますねぇ。
2010/01/13(水) 14:12:51 | URL | 【競馬から見える人生の名言】高山 #-[ 編集]

こんばんは
あの状況で他馬を蹴りにいくのを防げるのかどうか。
自分は乗馬経験がないので技術的なことは分かりません。
ただ、想像するだに他の一流騎手と呼ばれる方でも防げないのではないかなぁと思われます。
しかし、不可抗力であろうと結果は結果、騎乗者としての責任は責任。
処分を受けるのもこれまた仕方がないでしょう。

経験の浅い新馬戦、しかも勝負どころの4角だけに、あれほどの大惨事に繋がったのでしょうね。

馬券を買っているファンが裁定や騎手の騎乗ぶりについて何を話すのも自由だし、批判があれば大いにやるべし。
しかし、個人への人格攻撃とか汚い罵りはルール違反。
というか、人間性に問題あり。
まぁ、匿名性の高いネットでは競馬に限らず、そんな人がたくさんいますが…。

落馬と斜行の件を比べると「分かりやすさ」が違います。
今回の件で騒いでいる人の大部分はアンカツさんの部分で指摘されたことを正確に理解できないでしょう。
なので、そこが同じ騎乗停止4日でも周りに温度差があるのではないかと。
2010/01/13(水) 21:40:05 | URL | 氷室 #xcxKlrDc[ 編集]

★まあさん★ へ
ですから、謝るこっちゃないって言ってんですけど^^;
私の文章の不味さから誤解されたのは分かってますから返答したんですよ?
ですから、穿ったとも思ってませんし、難癖とも思ってませんし、
味噌がついたとも思ってません!
責任感の薄いというのは逃げを打ったことに対してで
コメント自体に言ったわけじゃありませんから。

最初からけなすつもりで書いたんですか?
まあさんの中で異論があったから書いたわけでしょ?
私はそれに対して反論しただけです。

「笠松にお帰りになられたほうがいい」には、
それなりの意味があってあの言葉にしてあったんです。
「それは地方と中央の斜行に対しての捕らえ方の違いがあるんです。」
私は上の囲み部分をを文字として残したくなかったんです。
決して馬鹿にした意味合いで安易につかったんじゃないんです。
誤解を受けた以上、若干文章化して説明します。

詳しい説明は省かせていただきますが、
中央は斜行に対して過敏なまでに反応をするんです。
斜めにカットすることも同じく過敏に反応するんです。
行えば心象は相当に悪くなるんです。数行えばレッテルが貼られるんです。
それが中央の裁定です。地方はそれと比較すると「鈍感」と思えるくらい違いがあるんです。
余談ですが、地方騎手が移籍仕立ての頃は斜行等での減点が非常に多いのはそのせいです。

安藤騎手をしてその騎乗を直せないはずは無いんです。
昔の癖で出てしまう場合もあります。
しかし、秋華賞の直線走路のカットの距離は、無意識下という範疇を明らかに超えています。
大事な三冠だったわけですから感情的になるのも分かりますが、
彼はプロなんです。それは許されないんです。特にあのような大舞台では余計にです。

プロとしてそれを行えないのなら、また自分の行った行動を棚に上げて発言をするのなら
「中央にいる必要は無いでしょう?自分が育ち、腕を磨き、多くの勝ち鞍を上げた勝手知ったる笠松に戻ったほうがいいですよ。」
という意味で書いたんです。

まぁわかりませんよね・・・
この書き方で批判したことは軽率でした。誠にすみませんでした。
該当文章を削除させていただきます。本当にすみませんでした。

また、書き方がぶっきら棒なせいで凹ませてしまったようですね。
私の責任ですね、本当にごめんなさい。
今後こうならないようまた書き方を思案します。
2010/01/14(木) 01:11:43 | URL | おんまさん #-[ 編集]

高山さんへ
斜行とは見づらいですね
なので「進路妨害」「走路妨害」「走行妨害」あたりが適切と思いますね。

事が大事ではありますので、同じような騒がれ方をするのでしょうが
普段、競馬を写すことの無いTV局が、
上面のパトロールカメラ映像を公開することは無いでしょうね。
その辺は悪くも有名であったからだと思いいます。
2010/01/14(木) 01:20:07 | URL | おんまさん #-[ 編集]

氷室さんへ
経験の浅い新馬戦、しかも勝負どころの4角だけに、あれほどの大惨事に繋がったのでしょうね。

その通りですね、あれが古馬ならば、勝負どころでなければ、
違っていたと私も思います。
が、それだったんですねたまたま。
それでも、プロとして責任を持って制裁を受けなければなりません。
ただ、今回のことの当事者が彼であってよかったと思うところもあるんです。
今回のことで、今までの自分を見直す時間を得、俗物達をしばらくは遠ざけるように思えるんです。

>指摘されたことを正確に理解できないでしょう
一番理解していただきたいのは、競馬に携わるメディアの方々なんですけどね・・・
伝い手が勉強しないから、おかしい報道が増えるんですよね。
その人たちが努力すれば、ファン考え方や知識の底上げにも繋がるんですけどね・・・
私が言っても何が変わるわけではないのでしょうが、懲りずに一石を投じたくなったんです。
^^;
2010/01/14(木) 01:39:11 | URL | おんまさん #-[ 編集]

ヒールという側面から考えると…

どんなスポーツでも優等生だけだと面白くない。
ヒールという側面から見ると、アンカツも発言あり。

ダメかダメではないかの境界線はヒールという役の範囲なのか、
それとも本当に犯罪者(競馬の場合は制裁を受けた時?、怪我人が出た時?)になってしまった場合か。

>はるか前方で斜めに走ったところで、他馬の進路の妨害することにはならないのである。

という観点からするとアンカツの騎乗は少なくとも犯罪者ではない。
事故=死に繋がる競馬だけに危険な騎乗は許せないにしても、
そうでない場合に限って勝つ為に何でもありという人間がいてもいい。

三浦は決してヒールではない。
しかも、実際に怪我人が出たという点で犯罪者と見なされてバッシングに繋がった。

って考えはどうでしょう?

2010/01/14(木) 21:49:10 | URL | 氷室 #xcxKlrDc[ 編集]

Re: ヒールという側面から考えると…
ヒールとかバイプレイヤーみたいなのは
騎手よりも馬のほうでそうなるほうが
盛り上がるように思ったりするのですが^^;

でも、それで映画でも撮るのなら面白いかもしれませんね。
2010/01/14(木) 23:35:05 | URL | おんまさん #-[ 編集]

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onmasan.blog47.fc2.com/tb.php/50-843097c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ノボプロジェクト :: ピカピカ一番星~コスモバルク彡昨日の落馬事故、被害にあった馬や騎手のことはもちろん心配なのだけど1着になったのに、失格となってしまったノボプロジェクトも可哀想だな…と。 なんか上手く言えないんだけど… 降着でもなんでもなく失格。 あれだ
2010/01/12(火) 19:28:46 | ビジネス情報舘2番館
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。