勝ち馬を見抜く競馬予想術

競馬の予想がよく分からない、的中するにはどうすればいいのか?勝ち馬探しのちょっとしたコツを書き綴っていこうかと。

新着情報
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓お帰りの際にclickしていただければ幸いです↓↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ 競馬インデックス! 競馬@予想 
2歳牝馬の頂上決戦阪神ジュベナイルフィリーズ、昔の阪神三歳牝馬特別・・・未だに私はこう表現するので、周りには笑われているおんまさんです、ハイ。。。
実は私はこの2歳G1が非常に好きではありません。(またですね、すみません^^;)
冠レースが増える分にはそれはそれでいいとは思うんです。
ただ、私の考え方の中には大川慶次郎さんの考え方が多分に入っています。
その尊敬して止まない大川さんの考え方で、クラシックを考えるのなら3歳馬(現2歳馬)で年内に走らせても問題ないのは2走程度で、3走がボーダーライン。それ以上の場合は疲労の蓄積が出る馬は多くなると仰っていました。
当然ですが私もそう考えているわけでして(ほとんど鵜呑みですね、ハイすみません^^;)
それでもやはりレースを見てしまうのは、今後の馬券検討もあるのでしょうが、どちらかというと習慣ですね^^;

などとどうでもいいことを考えながら、家のコタツに入ってみかん食べながらTVを見ているとファンファーレが鳴り終わります。
各馬、スタートが近づくと徐々にテンションが上がってしまい、チャカつく馬もちらほらと・・・空気が張り詰める中、徐々にゲートイン。
奇数番から順番に入って続いて偶数番。そして最後に大外のアパパネが入って・・・くれない。
まぁこういう事は若駒に限った話じゃないですが、若駒だけに落ち着きがないわけで^^;
と思っているとスーツを着た係員が、後ずさりさせないよう尻に当てていた鞭を後脚の飛節の辺りに当てがう
「あ、尻っぱねするわこれ」と思った瞬間アパパネ尻っぱねで牽制!
「ほらぁいわんこっちゃない」と思った瞬間!おっさん鞭で反撃・・・びしっ!!
「は?なにやってんえんこのおっさん!」
アパパネまた尻っぱね、おっさんまた叩く。今度はさっきよりもきつく、びしっ!!
アパパネおっさんから遠ざかるように横に。おっさんそれを追いかけてまた叩く、びしっ!!!

「まじでいい加減にしろ!ちゃんと御せよ!」と思いましたね。
「おっさん!お前の抑え方が悪いんやろが!あんなとこにモノ当てられたら大概の馬尻っぱねするわ!」

まぁそれにも耐えてアパパネは優勝するわけで。
勝ったものだから事件にも記事にもならなかったわけですけど、係員の扱いが酷かったりすると、セイウンスカイが5着だった天皇賞秋(勝ち馬はスペシャルウィーク)のように、レースに支障の出ることもあるんですよ。(それだけが原因ではないですけどね)

これはこれで酷かったですがさらに酷い思ったのが馬場状態の発表
土曜は芝稍重→良のダート重日曜は芝良のダート重
(全レースを調べなおしました、コメントに間違ったこと書いちゃってすみませんm○m
そして天気はというと、金曜の関西は朝昼に雨が降り、土曜も夕方以降に少し降ったんです。
そしてこの時期、冬場に雨が降れば、夏の暑い時期と比べるまでもなく、湿った地面の乾き具合はいいわけがありません
しかし、阪神JF前の芝の馬場状態も『良』!
ラナンキュナス騎乗の四位騎手もすべっていたと言っていたことから、馬場の状態はみなさんのイメージしている良とはまず違います

新聞やTV等でも「力のいる馬場」だったと解説がされています。
その通りで確かに力のいる馬場でした。
後からの馬のスパートがことごとく「末届かず」の状態であったわけですから。
開催の終わりのほうで馬場が荒れていたとか、時期的なものでは多分ないでしょう。
金・土曜の天候を考慮すればはっきりとしますね、馬場は確実に良以上の含水量であったということが。

JRAの馬場状態の発表は毎度の事ながらアテにしづらいですね^^;
天候の考慮や馬場状態の発表にもある種の予測が必要なのかもしれませんね。
まぁこれについてはまた別の機会にコラムではなく方法としてお話させていただきますが、
ここまで書いておいてこれで終わり?はちょっと味気ないですね^^;

前日~当日の天気を気にしてみること
芝とダートの両方の状態を見て少し考えてみること

この辺を少し考えて見れば、検討の手助けになるかもしれません。
馬券検討も、馬をなだめるのも、ほどほどが良く、やりすぎは禁物ということで。
(私は言いすぎに注意と・・・)


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

↓↓お帰りの際にclickしていただければ幸いです↓↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ 競馬インデックス! 競馬@予想 
コメント
この記事へのコメント
おんまさん、こんちゃ。

2歳は確かに微妙ですよね。
早熟馬の活躍の場という意味もあるんでしょうけど。

FSの中山1600mは
内枠有利と飽きるほど聞かされますが、今年はどうでしょうねえ・・
2009/12/19(土) 16:21:45 | URL | 【競馬から見える人生の名言】高山 #-[ 編集]

高山さんへ
あくまでもクラシックを考えるのならで、距離特性や成長の早い遅いはまた別になると思います。
なので早いうちに成長した馬にとってはいいのではないかと思います。

中山1600mは内枠有利であると思いますよ。
2009/12/19(土) 17:41:17 | URL | おんまさん #TIXpuh1.[ 編集]

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onmasan.blog47.fc2.com/tb.php/43-f91a698b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。