勝ち馬を見抜く競馬予想術

競馬の予想がよく分からない、的中するにはどうすればいいのか?勝ち馬探しのちょっとしたコツを書き綴っていこうかと。

新着情報
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓お帰りの際にclickしていただければ幸いです↓↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ 競馬インデックス! 競馬@予想 
よく競馬を見ているときに、「○○標識を通過!ハイペースです!」「穏やかなスローペースで流れています」などと、白熱する実況の中で聞いたことがあると思います。
ここで使われる「ペース」という言葉、みなさんはどのように捕らえられているでしょう??
前項の「展開~レースの流れ」で書いたように、ペースは展開に密接に関係しています。今回は展開の項の第三弾、ペースについてお話したいと思います。

まず競馬のタイムの計り方の基本的なことから。
競馬のタイムは「ハロン」という単位を基準にして計測することが大前提となります。
日本の競馬では「1ハロン=200m」として換算しています。これは競馬場のコースだけではなく調教のコースの場合も同じであり、距離も馬場も関係ありません。

競馬のタイム表記の場合、

1ハロンごとに区切ったタイム
 (「ラップタイム」として表記)
スタートから1ハロンごとに加算した通過タイム
 (走破時計の「ハロンごとの通過タイム」として表記)
ゴールから逆算し、1ハロンごとに加算した通過タイム
 (「上がりの時計」、「調教の時計」等として表記)

の3つがあります。

ペースについてですが、こちらは結構な割合でご存知でない人が多いことがあります。実はこのペース、JRAからは公式に発表されていないものなのです。
新聞に書かれているペースは各新聞社で決められたものが記載されています。
しかし、大体は同じような方法でペースを決めているようですので、大きな誤差あまりないようです。

まず、ペースは

H:ハイペース
M:ミドルペース
S:スローペース

以上の3つがあり、これ以外に分類されることはまずありません。
ペースを探るためのタイムの見方として

前半3ハロンと後半3ハロンの比較
走った距離の基準となるハロンの通過タイム

の2つの計測結果からペースを判断します。
(以下の距離、タイムは全て芝の場合のものです。)

まずは、前半3ハロンと後半3ハロンの比較から。
前半3ハロンはスタートしてからの3ハロン(約600m)を差します。
後半3ハロンはゴールまでの残り3ハロンを差します。こちらは上がり3ハロンと言われる方が多いでしょう。

前半3ハロンが後半3ハロンより明らかに速い場合はハイペース(H)となります。
例:34.1 - 35.3(前半3ハロン-後半3ハロン)
その逆で、後半3ハロンが前半3ハロンより明らかに速い場合はスローペース(S)となります。
こういうペースのレースを「上がりの競馬」などと称します。
例:35.6 - 34.4
あまり差の無い場合はミドルペース(M)となります。
例:35.2 - 34.8
これはあくまでも先頭馬のタイムがそれに当たるのであって、馬柱にある前3F-後3Fがそのまま当てはまるものではありません。あれはその馬のタイムですので間違えないように。

次に、走った距離の基準となるハロンの通過タイム

1200mの基準は前半3ハロン(600m)。基準タイムは34秒前半くらい
1600m(1マイル)の基準は4ハロン(半マイル=800m)。基準タイムは47秒くらい
2000m以上の基準は1000m(5ハロン)基準タイムは60秒くらい

距離の基準タイムをミドルペースの中心に置いて、
1200m~2000mなら、前後約0.5秒程度の計約1.0秒の間
2400m以上ですと前後約1.0秒程度の計約2.0秒の間をその範囲
として、それより早ければハイペース遅ければスローペースと見るのが妥当なところでしょう。

実はこの「ペース」は新聞の馬柱で一目で確認できるのです。該当レースのものはH・M・Sのどれかで表記されていますので、これを用いてペースを判断するのが一番簡潔ですし、特に問題もありません
しかも、自らペースを判断するとなると、レースのラップタイムも通過タイムも新聞には載っていませんので、JRAの公式HPや競馬専門の週刊誌などを利用して事前に調べないといけないので作業が大変になります。

こう書いてしまうと、今回の項は意味が無いように思えますが、テレビやラジオのレース実況中やレース後の解説で、必ずといっていいほどペースの事は出ますので、知っていればその把握はしやすくなります
また、競馬場・WINSのモニターやテレビ中継の画面に出ている時計を見ながら、リアルタイムでどれくらいのペースであるのか把握出来ると思います。

展開を見る上でペースの捕らえ方を知っておくことは必要です。しかし突詰める必要はありません
ペースは3つに分けられるということと、
前半3ハロンと後半3ハロンの比較と走った距離の基準となるハロンの通過タイムの二つでペースを捕らえるということ
そして、これらについての若干の詳細を知っていればいいと思います。

「脚質」「展開」そして今回の「ペース」の説明を終え、予想術>展開の項は終了です~♪
ということではなく、全て次回以降の「展開予想」に対しての布石です。
3つを加味することで、ここに書いたペースの重要性が明確になります。
次週も更なるテキスト地獄は続きます・・・


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

↓↓お帰りの際にclickしていただければ幸いです↓↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ 競馬インデックス! 競馬@予想 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onmasan.blog47.fc2.com/tb.php/33-8f98a56e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。