勝ち馬を見抜く競馬予想術

競馬の予想がよく分からない、的中するにはどうすればいいのか?勝ち馬探しのちょっとしたコツを書き綴っていこうかと。

新着情報
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓お帰りの際にclickしていただければ幸いです↓↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ 競馬インデックス! 競馬@予想 
10月19日新聞にゴルフの日本オープンで石川遼が怒った話が載っていた。
よく読むとバンカーショットを打とうとした瞬間、観客の携帯電話からカメラのシャッター音がして集中が途切れたらしい。すかさずその方向をにらみ、右手で太ももをたたき、珍しく怒りをあらわにしたというものであった。
それを読んで「そりゃ怒るわなぁ」と
そして次の週、ファンの女性が石川遼の打ったボールを記念に持ち帰ろうと拾おうとして注意された言う記事、あわやロストボールという珍事。
「こいつ最悪やなぁ。マナーの問題とちゃうやろ」
程度にしか思っておらず、まさか自分の身に似たような事が降りかかろうなどと、その時は思っても見なかった。(そんなに大したことじゃ・・・)

10月25日、朝早々と一本の電話が。「菊花賞見に行こう」なるものである。断ったのだがあまりにしつこいのでやむなく承諾。

裏ルートの阪急電車~阪急バスで京都競馬場へ。正門前に付くにもかかわらず逆方向へ歩き出し、さっそく曲がり角の焼き鳥屋へGO!・・・まだ仕込み中で営業はしていなかった・・・
八卦予想のおばはんはもう営業を開始してるというのに・・・
仕方なく入場券を買って競馬場に!って人多すぎ!入場券買うのに何でこんな並ばないかんねん!やっぱ来るんじゃなかったなぁとため息をつく私。
そうG1レース当日は競馬場への来場はオススメしません。というか行かないほうが精神的肉体的共に身のためです。

しばらく並んで券をやっと購入し入場。すぐに一緒に来たうちの一人が
「ちょっとニンジンあげてくるわ」
と透明のビニール袋の中いっぱいにイチョウ切りしたニンジンが^^;
「一緒に行くやんか^^」
そう「ライスシャワーの石碑」にお供えを。こいつがここに来るときは毎回持ってくる。その当時のクラシック戦線、私はミホノブルボン、やつはライスシャワー。幾度となく激しく論じたのは良い思い出。
しかし、毎回来て思うが未だにお供えが絶えない
こういう気持ちのファンばかりなら、この後にあるようなことはないのかも知れない

朝から適度にレース予想をこなし、本番前には適度にいろいろなものが温まり(中には冷えたやつも・・)徐々に本番に近づく。
私は10Rのパドックの時点でそこから動く気はなかった。単純に10Rが予想がまとまらなかったので初めから「見」するつもりだったから。

人のざわめきが姿も見えていないのに聞こえる。10Rが終わり、菊花賞のパドックへと人が移動しはじめたのだろう。見る間に人だかりの山になる。一緒に来た面子もその辺は心得ていて、レース終わる前にはもうこちらに来ていた。目ざといやつらだ。

さぁちょっとじっくり見るかなと頭を切り替える。さすがにG1パドック、周りの雰囲気がそうさせる。
少し気を入れて集中しだしたときである。「カシャ」「ビュィー」「ガッシャ」・・・
ゆっくりと周りを見回すと、阪神の優勝時の御堂筋パレードと同じ光景がそこにはあった。
デジカメや携帯電話のカメラを使っての撮影、それは撮影会さながらに、そこらじゅうからシャッター音が聞こえてくる
「遼くん怒るの無理ないわぁ」実際に耳障りで仕方ない
しかし、フラッシュを焚いているわけではないし、大きな騒音とも言えない。JRAからのお咎めがないわけで問題はない。
そうしているうちに「すいませーん、写真撮るんであたまさげてくださーい」と私の真後ろから小声ではない普通の声より少し大きめの声が。

・・・は?・・・なんですかそれ?さすがに後ろを振り返る。じっと見る。
ズーム望遠搭載の一眼レフのデジカメを片手に持った人が私の真後ろに。
なんでもお願いすれば、断りを入れれば良いというものではない
さすがに頭にきた(気が短くてすみません^^;)ので、パドックから引きずり出してやろうとして動こうとしたその時、横に居たいかにも「競馬オヤジ」的なハンチング帽のおっさんが、そいつらの前まで行き小さめの声で
「大きな声出すな、ここは写真とるとこちゃうぞ、向こう行けや」と一喝。まわりも反応し少しざわつく。さすがにバツが悪そうに、ぶつぶつ文句を言いながらパドックを後に。どうしてか知らないが、その後しばらくシャッター音が聞こえなかった

私が思うに、どうしてもそれを実行したい人で、周りのことを考えて行動している人は多くいる。だからそういう人は周りの気に止まることがほぼない
少し言われてやめるのはそれが少なからず、後ろめたいと思っているから。撮りたいという気持ちはよく分かるが、周りの人に自分のエゴを強要するのはどうかと思う
さっきも言ったが断りを入れればそれで何でも許されるという事はない。その考えはありきたりな日常であっても通用はしない。
また、おっさんが注意してから、携帯を引っ込めた人達も同じである。やめるほど後ろめたかったのかとさえ思ってしまう。
でもよくよく考えると、今ならありえないかもしれないが、酔っ払ったおっさん同士がパドックの横で揉み合いになっているのを見たことが幾度かある。
これに比べると「写真撮らせて」と声を上げたことが可愛い事柄に見えてくるのだから可笑しいのだけれど・・・

「最近のファンはマナーが悪い」と言われる。が、昔からファンのマナーが良かったというのを何時の時期も私は知らない。サッカーでも野球でもアイドルであってもそれは同じ。ファンというのは多かれ少なかれ、自己中心的で身勝手である。それが道徳の範疇のものか、度が過ぎたものかで見る目が変わってくる。また自分では分かっていない、そうは思っていない場合でも、知らず知らず迷惑が掛かることもある。ただ昔と比較すると酷くなってはいると私も思う。
しかし、ファン全てがマナーが悪いわけではない。たぶん一部だと思うし、そう思いたい。

P.S. 予想ブログの方々天皇賞(秋)頑張ってください&G1の開催場は地獄です;_;

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

↓↓お帰りの際にclickしていただければ幸いです↓↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ 競馬インデックス! 競馬@予想 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onmasan.blog47.fc2.com/tb.php/28-56be8219
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。