勝ち馬を見抜く競馬予想術

競馬の予想がよく分からない、的中するにはどうすればいいのか?勝ち馬探しのちょっとしたコツを書き綴っていこうかと。

新着情報
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓お帰りの際にclickしていただければ幸いです↓↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ 競馬インデックス! 競馬@予想 
最近ではかなりの人が「彼ら」を気にせず予想する方が多いようです。
しかし、「彼ら」が乗らなければどんな名馬であってもレースに出ることすら叶いません。
競走馬がレースで走る上で無くてはならないモノ。それが「騎手」の存在です。
今回はあまり予想自体には関係ないかもしれませんが、騎手がどういうものかということを書きたいと思います。
(ここでは中央の騎手のことに限らせていただきます。)

・別称:「ジョッキー」「乗り手」「乗り役(さん)」。以前は「屋根(ヤネ)」とも呼ばれていましたね。

・競馬法により農林水産大臣から認可を受け、日本中央競馬会と地方競馬全国協会が試験を行い、それに合格し免許を交付された人のことです。交付は3月1日。
調べ直してみて驚きましたが、養成機関に入り教育を修了しなくても、試験に受かれば良いようです。
競馬学校に行かなくても試験は受けられますし、合格すれば免許は交付されるそうです。
以前の記事で、間違いを思わせることと書きましたので、認識を改めないといけませんね。
実際、横山典弘騎手の兄の横山賀一元騎手が、海外で見習い騎手から免許を取り、帰国後、騎手試験を受け合格しています。
しかし、以降そういうケースの騎手はなく、競馬学校に行かずしてというのは現状では相当に難しくなっているようです。

騎手の免許には平地競走障害競走の二種類があり、競馬学校設立後の新人騎手は基本的に両方の免許を取得している。後に更新しなくなる場合が多いようです。

新人騎手は、免許の交付後3年間は「見習騎手」としての措置が取られ、斤量が減量されます。ゆえに「減量騎手」ともいわれます。
(この斤量という言い方は昔からの名残で、正しくは「負担重量」と言います。)

▲ 3kg減量 3年トータルで30勝まで
△ 2kg減量 3年トータルで31勝~50勝まで
☆ 1kg減量 3年トータルで51勝~100勝まで

となります。この減量は最長3年という意味で、それまでに通算100勝すれば減量は無くなります
また特別レースとハンデ戦に対しては、この見習騎手の斤量の減量は適用されません。

斤量の一番軽いものハンデ戦における48kgになりますが重いほうの上限はありません
リーディング上位の騎手は軽ハンデの馬にあまり騎乗しません
理由としては騎乗する場合は大幅な減量をしなくてはならないためです。

・地方騎手が中央に移籍する場合、5年の間に年間20勝の年が2回以上が必要条件として、試験を受けることが可能です。(2010年以降は5年が短縮され3年になるとのこと)
また、この制度で移籍した場合、新人騎手として扱われることはなく減量措置は取られません。

・外国の騎手の場合、日本の馬主または調教師が、身元引受人となり臨時試験に合格することで、1ヶ月の短期騎手免許が交付されます。年間3ヶ月まで交付できます。
(年間3ヶ月なので、連続しての取得でなくても良い。)

・落馬の場合、落馬=即失格ではありません落馬した位置から再騎乗して続行してゴールすればその秒数にかかわらず到達順位となります
逆に競馬は空馬のままでは失格となります。
ただ落馬した場合、馬はそのまま馬群に引っ付いてそのまま走っていっていくことが大変多いので、ほとんどの騎手は棄権します。(私自体もそれを見たことはありません^^;)

・騎手は次のような場合に制裁を受ける場合があります。

 ・御法不良(みのりふりょう、レース前~レース中に馬を制御できないことの意味。)
 ・斜行等による進路妨害
 ・レース中の危険行為(馬をぶつける、鞭で他馬や騎手を叩く等)
 ・過失や不適切な行動(故意の減速八百長行為もここに当てはまります)
 ・負担斤量の誤差
 ・体重調整の怠慢
 ・競馬の有無に関わらず粗暴な行為をした場合(喧嘩、暴力事件等)

騎手は年度ごとに30ポイントを与えられ、制裁を受けた場合減点されます
このポイントは年度ごとに残っているポイントもマイナス分もリセットされ30点に戻ります。つまり加算はありません
減点が30点を超えると再教育を受けることが義務付けられます。
再教育終了後減点はゼロとなり30点に戻ります

制裁の種類は
 ・戒告(1点減)
 ・過怠金(1,3,5,7,10万円の5段階(順に2,3,4,5,8点減)、重いものはそれ以上(12点減))
 ・騎乗停止(2,4,6日の3段階、重い場合はそれ以上(10+日数×2が減点))
 ・騎手免許剥奪

騎乗停止の日数について
例:一番少ない日数の2日間騎乗停止の場合。
制裁の下った翌週から実地されます。つまり次の週の中央開催の土日の騎乗はできません。
土曜日に犯した場合も日曜は出走でき、翌週からの実地となります。
さらに、平日の地方開催のレースならびに海外のレースにも出場できません
なので、実質1週間はレースでの騎乗は許されません
調教も停止される場合は更に重い制裁となります。(短期間の場合は多分無いでしょう)

・レース中の進路妨害に対しての基準
 ・不可抗力の場合:馬の怪我や病気や馬具の破損など・・・制裁なし
 ・偶発的な場合:馬の癖、発走直後の躓き、斜行癖のある馬・・・騎乗停止2日
 ・不注意の場合:後方の不確認(いわゆる斜行に当たります)など・・・騎乗停止4日
 ・重大な過失、危険な行為、悪質な行為によるもの:故意の斜行及び不修正や強引な騎乗など・・・騎乗停止6日以上

あまり騎手について知る機会も少ないと思い、今回はこういう感じでウンチクのみを書いてみました。
この記事で予想する上で知っておいたほうがいいのは、斤量とハンデ戦ところぐらいだと思います。
次回はこの騎手の成績から見る部分を書いていきます。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

↓↓お帰りの際にclickしていただければ幸いです↓↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ 競馬インデックス! 競馬@予想 
スポンサーサイト
少し間が空きましたが前回は騎手という職業についていろいろと説明しました。
今回はその騎手が馬券を検討する上で、どのような部分が関係してくるのか書いていこうと思います。
血統のところで種牡馬の話をしているときに種牡馬のランキングの話をしました。
騎手にも同じようにランキングがあり、勝利数順に順位が決められます。
週間競馬ブックやGallopに載っていますが、単に順位と勝鞍だけが載っているわけではありません。

所属(西か東)
騎手の詳細(名前、年齢、所属厩舎)
1着~5着までの成績&着外数
特別の勝利数重賞の勝利数
連対率
通算成績
連対時脚質
先週の成績

と、大体こんな感じで記されてます。
でも着目するところは決まっていて

(1)1着~5着までの成績&着外数
(2)通算成績
(3)連対率
(4)連対時脚質
(5)所属(西か東)

この5つに位でいいと思います。。その中でも(1)、(3)、(4)の3つは、騎手を収拾する上での貴重な判断材料となってきます。
1着~5着までの成績&着外数と連対率で見るところは、基本的には同じ箇所で「連対率」になります。
連対率とは、全レースの数から2着までの数で割り出した数値です。
目安としては.200程度でそこそこの信頼度.250前後から上の騎手ならば信頼できる腕前と思っていいでしょう。

今は3連単・3連複が主流で必要ないようにも見えなくはないですが、競馬に「」という考え方がある限り、「複勝率」が追加されることはあっても「連対率」が記載から削除されることはなく、「連対率」は3連単・3連複であっても無視することが出来ないでしょう。
あとは私が馬連・馬単を基本にして競馬をするので^^;

なら、複勝率はどうなんだ?というと今の馬券事情を考えると連対率と同様に必要だと思います。
しかし今のところ複勝率は掲載されていません。その理由としてあくまでもこれは私の憶測でしかないのですが、割り出した数値が大きくなるので誤解が生じるのでは?という理由ではないかなと考えています。どうしても騎手でそれにこだわるのであれば3着までの着数で割って考えるしかないようです。

連対率・複勝率と出てきているのに、一番上の「勝率」を私は述べていません。
この割合は相当成績がよくても.200程度です。武豊騎手の全盛期でもそんなもんだったと記憶しています。要は数値が小さすぎてこれもアテにしづらい面があるのです。

ここで出てくるのが1着~3着までの成績の数です
連対率と合わせて見ていけば分かりますが、多少勝鞍が少なくても2着の多さで連対率がトップの騎手よりも高い場合もあります。
連対率が高ければ必然的に複勝率も・・・ということです。
馬券を考える上での複勝率は大いに考えるべきですが、騎手成績から見る複勝率というのはそこまで見なくてもいいのかもしれません。また別の考えを持つべきなのかもしれません(これは馬の複勝率も同様)。

前回も書きましたが騎手は「競走馬がレースで走る上で無くてはならないモノ」と言いました。
その逆に「馬七分、騎手三分」という言葉があります。
昔からよく言われる格言で、競馬ではこれくらいの割合で馬と騎手の力具合だと言われ考えられています。
実際、競馬は馬が走らないと腕の立つ騎手が何をしても一緒です。しかし勝鞍、連対率の低い騎手が強い馬に乗ったところで、逆に足を引っ張ってしまう場合もあります
しかし調子の良い騎手や成績良好な騎手を、無闇やたらに切るのはどうかと思います。
そのために、連対率や1~3着の数に着目してみては?ということです。

実際はこれだけに着目したところで、そうは変わりません。
次回はもう少し掘り下げて騎手の着目点を書いていきます。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

↓↓お帰りの際にclickしていただければ幸いです↓↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ 競馬インデックス! 競馬@予想 
先ずはお詫びから。
前回の記事「連対率と着の数」
・勝率及び複勝率が数値の大小の部分でアテにしづらい面がある。
・連対率や1~3着の数に着目してみては?断定的な書き方をしたこと。
この2点を中途半端な説明で止めてしまったことで、語弊・誤解等を生じる結果となってしまいました。また内容的にも非常に釈然としないものとなってしまったと私自身感じております。
今回はその内容を引き継いだ上で、前回の「連対率と着の数」補正ならびに修正の記事を書きたいと思います。

前回は、キーワードとして

・勝率
・連対率
・複勝率
・1着~3着までの成績の数

を挙げました。

ですが、ここで訂正を。
前回の記事でも「1着~3着までの成績の数」と書いたのですが、これは新聞上での記載に照らし合わせられるようにと考えたことがかえっておかしなものになってしまった、という次第です。
ここは「1着~5着までの成績の数プラス着外の数」に訂正させていただきます。

それに合わせて前提を。
勝率、連対率、複勝率は、全騎乗数の中の割合であるということを絶対にはずさないでください。
計算する場合、着データの4着5着は、基本的には着外として扱って着外に加算してください。理由は全騎乗回数に対しての勝率、連対率、複勝率であるからです。
しかしこれらは視点と考え方を変えれば、違うものが見えてくる部分を今回は大きく取り上げます。
これらの割合を考える場合、年明けすぐの成績表ではデータ量が少ないので本当に目安程度にしかなりません。最低でも半年以上のデータでなければ信用度は薄いと考えます。
ですので、前年のもので考えるのが良いかと思います。そして徐々に今年のものを加味していくという感じが良いと考えます。
しかし、これらのデータを毎回確認したところであまり意味はありません
数が増えれば数値自体に大幅な変更は起き難くなるからです。

それを踏まえて、着外+4着5着の数を
1着の数のみで割れば勝率」、
1~2着の合計数で割れば連対率」、
1~3着の合計数で割れば複勝率」ということになります。

各割合の基準的な数値を私の経験則で変換すると
【勝率】
馬券検討に加味できる腕前:.100前後
トップクラスの腕前:.120前後~以上(感覚で±.005程度)

【連対率】
馬券検討に加味できる腕前:.200前後
トップクラスの腕前:.250前後~以上(感覚で±.010程度)

【複勝率】
馬券検討に加味できる腕前:.300前後
トップクラスの腕前:.350前後~以上(感覚で±.010程度)

大体この辺で良いと考えています。

上記の数値の全てに対して大幅に超えている騎手というのは、本当にトップクラスの騎手であると断言できます。
また、上の3つの割合のうち、どこか沈んでいる部分があるとするなら、その騎手はその部分においては「アテにしづらい」部分であると見えると思います。

それでは一例を挙げてみます。
連対率が良くても勝率が悪い場合であれば、枠連、馬連、3連複あたりの「軸」として考えることは出来ても、単勝、馬単、3連単の「頭」としては少し割り引いて思案する必要があるということが数値上から窺い知ることができるでしょう。またその逆の場合もあるわけです。
ですが、そこに見えてくるのは単純な割合から見た確率論にしか他ならず、私が見たいものはそれらではありません。
見たいのは騎手の「質」であり「技量」です。
数値から見られるはずが無いと思われるでしょうが、見方を変えればそれなりのものが見えてきます。

競馬において1着は勝ち鞍であり絶対的なものです。これが1番良いことに何の変わりもありません。
しかし、負けた2着~5着の場合でも、馬、騎手、調教師、馬主、生産者、私たち馬券購入者全てにおいて、そこにも意味があるというのは周知の事実です。
3着までは当然馬券的な意味で馬券購入者に対して大きく関わります。
5着までとなると馬券購入者には無意味なものであっても、賞金的に馬、騎手、調教師、馬主、生産者にとっては非常に大きく関わってきます。死活問題といってもある意味過言では無いでしょう。
馬券購入に対しでそれ自体を加味する意味はありませんが、入着にはそういう部分があります

また、馬は初めから競走馬なわけではありません育成牧場である程度のことは仕込まれますが、それだけで常勝できる馬ばかりでもありません。それは入厩以降の調教だけでも補え切れるものでもありません。
そう、レースに入っても騎手は勝負だけをしているわけではなく、馬にレースや脚質による戦法を教えたり、次につなげる内容で終えたりすることもあるわけです。
こういう場合、厩舎陣営サイドから指示有無に関わらず、それを行うのは騎手であるということです。
厩舎所属の騎手の場合ですと指示ありきで騎乗していることが大半です。
またフリーの騎手であっても、この形を好んで仕事としてする騎手も多いです。
そして、この手の騎手は無理な1着を取りに行くことはしません次に活かせる競馬を心がけることが多いです。
「入着にこだわる騎手」「騎乗回数の割りに連対率・複勝率の高い騎手」にはこの種のパターンが多いでしょう。
ここで必要になってくるものは「勝つための技量」以上に「着に持ってくることのできる技量」や「馬を導く技量」になります。

なら「勝ちにこだわる騎手」は2着以下の割合が少なくなるのか?というと、着単位でみれば1着が他の着の数より多くなりはしますが、2着~3着の数もそれなりの多さを誇ります。しかし4着~5着の数を見た場合、「入着にこだわる騎手」に比べて間違いなく割合も数も減ります
同じリーディングを争っていても、この点は大きな相違点であり「騎乗における思考と質の違い」として私は捕らえています。

それらから考えるに、勝率だけを見て判断しようとしても、「勝ち」以外のものを見ることは容易ではありません。また、複勝率まで見て判断しようとしても、数字の大きさゆえに見誤る場合が出てくると考えます。

一例を。
.250という割合を単純に考えた場合4回に1回の確率という考えが出てきます。
これは連対率で考えても複勝率で考えても同じ4回に1回なんですが、
ここから人の思考の適当さと欲が邪魔をします。

「1着でなければ2着も3着もそうは変わらない」

その思考に行き着いてしまったら、複勝率.250の騎手でもそこそこやれるのではと錯覚を起こします。金銭と欲が絡めば人の思考は間違いなく自分にとって都合のいい風に考えます。故に見方として甘さが生じてきます。
絞るためには基準も絞っておく必要があります

私が連対率を中心にして考える理由は、

勝率からでは勝ちのみを単純視してしまいがちになる点
複勝率からでは数字の大きさゆえに見方が甘くなりがちになる点

この2点によるもので、それに加え各誌の表記上の理由から連対率を中心視して、騎手成績の勝率、連対率、複勝率と1~5着の成績を見て騎手の腕の判断材料としています。
長々と書きましたが、この内容はあくまでも、私が騎手成績を見た場合の思考とその判断基準の説明であり、「ただの目安」で「線引き」だということです。
しかしながら、毎回クローズアップして予想するファクターのメインに置くものでは決してありません。刺身のツマ程度と考えるのが妥当でしょう。

次回は騎手成績から判るもう一つの特性を書いてみたいと思います。
また今回も内容が、おかしい、分かりづらいなどありましたら、質問してください。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

↓↓お帰りの際にclickしていただければ幸いです↓↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ 競馬インデックス! 競馬@予想 
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。