勝ち馬を見抜く競馬予想術

競馬の予想がよく分からない、的中するにはどうすればいいのか?勝ち馬探しのちょっとしたコツを書き綴っていこうかと。

新着情報
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓お帰りの際にclickしていただければ幸いです↓↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ 競馬インデックス! 競馬@予想 
第23回ワールドスーパージョッキーズシリーズ(WSJS)に出場する騎手が決定したようで。

ワールドスーパージョッキーズシリーズとは阪神の12月開催の第1週に行われるシリーズ

ゴールデンスパートロフィー(スパー = 拍車)
ゴールデンホイップトロフィー(ホイップ = 鞭)
ゴールデンブーツトロフィー(ブーツ = 長靴)
ゴールデンサドルトロフィー(サドル = 鞍)

の4つのレースから成り、海外の名騎手と日本の中央・地方の代表騎手が集い、競走馬ではなく騎手がポイントを競うというもの。

しかしこのシリーズ馬も厩舎も騎手も予想家や出版社、そしてファンも非常に大変なものだったりもするのですが・・・

まずは競馬専門の週刊誌、「週間競馬ブック」や「週刊Gallop」などを見ると・・・
まず目に付くのが出走登録馬の多いこと多いこと^^;
どのレースも30頭以上登録してたりと「一体どれが出るの?」って感じです。
このせいで以降の番組が結構ひどいことに・・・^^;

そして次に愕然とするのが騎手欄。全馬、騎手名の欄が空白のままです^^;
そうなんです。競走馬だけでなく、騎手も抽選で騎乗の決定がされるんです。
主戦騎手とかヘッタクレ状態です。なので新聞を見るまでわかりません。

ということで新聞が発売されて、騎手も埋まって一安心と思いきや・・・
まずは馬柱に目が行くのですが、印が散ってます。トラックマンや予想家ですら迷いに迷ってるようです。
調教は計測したタイムですから、良し悪しはいつものごとくなんですが、コメントが・・・
騎手に任せます」あたりは事前に指示もなかなか出来ないと思いますので、仕方のない部分ではありますが多いです。当然予想は迷います。まだこれくらいならマシなのかもしれません。
「何故このクラスでG1のようなコメントをするんだ、厩舎の人w」
というくらい期待感満開のコメントもあったりで、マイナス要因見つけるのに苦労するんです^^;
あれだけ信頼している新聞の情報が、このシリーズでは崩壊します。

馬はというと、当日パドックを見ていただけると、たぶん分かるのですが、
G1のパドックとは行かないかもしれませんが、出来の良い馬多く・・・「なんでやねん」と笑いが止まりません。
意気揚々と返し馬を行い、角馬場も張り詰めた緊張感の中に落ち着いた騎手と馬
雰囲気はまさにG1!違うのは観客席だけw
いつもより人はいるのですが、どこか和んでます。

ゲートが開いてスタートしても、いつも行く馬が行くとは限らず、控える馬が控えずで、展開予想の無力さを思い知らされます。
仕掛けどころからゴール前までのかけ引き攻防がなんか凄まじいです、やっぱりG1です。
しかも、何が来るか分かりません、何が来てもおかしくありません!の状態です。

で、レース後の厩舎コメントがまた面白いんです。
「ああいう走り方もできるのかぁ」とか「あの馬の新境地を見せてもらった」などなどと。
もう笑うしかありません。
という感じで、このシリーズの凄さ(酷さ?)をご理解していただけたでしょうか?

でも私はこのシリーズが大変大好きです。
私の中で競馬の面白さが毎年再確認できるシリーズだったりします。
なんとなくのお祭り感と、何かの原点を見せられてる感じが、私はたまらなく好きです。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

↓↓お帰りの際にclickしていただければ幸いです↓↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ 競馬インデックス! 競馬@予想 
スポンサーサイト
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。