勝ち馬を見抜く競馬予想術

競馬の予想がよく分からない、的中するにはどうすればいいのか?勝ち馬探しのちょっとしたコツを書き綴っていこうかと。

新着情報
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓お帰りの際にclickしていただければ幸いです↓↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ 競馬インデックス! 競馬@予想 
競走馬にはそれぞれの馬に合った距離やコースの形状等があります
それは体型や血統で概ね決まってくることが多いのですが…。
体型や血統についてはちょっと横に置いておきまして(話がまとまんなくて…
今回は距離やコース等の実績の話を進めていきます。

競走馬がレースをした結果は成績として残り、いろいろな項目に分類してデータ化され保存されていきます。
そのレース結果のデータを紙面に表したものが出走表となります。
それは、前回まで話をした近走を記号化表記した「近走成績」だけではなく、それ以外にもいろいろな角度から抽出したデータをコンパクトにまとめたものが数多くあります。

まず1つ目はコース実績です。
コース実績とは競馬場別に分類した競走成績で、表記は全競走成績の表記の仕方と同じ2.0.0.4や1-3-4-8という表記です。
芝とダートの分類はされますが、距離の分類はされませんので、1200m芝の成績も3000m芝の成績も同列に扱われます。
新聞に載る場合は

・出走するレースと同じ競馬場での成績
・開催地方の競馬場の成績(または中央4場の成績)

となりますが、開催場と新聞によって、若干記載されるコース成績の多い少ないがあります。これはお使いになっている新聞等で確認してください。

コース実績から見るのは各コースに対しての得意不得意です。
全ての馬がどの競馬場でも同じように走れるわけではなく、坂のある競馬場の方がよく走る馬や、左回りでしか上位入選できない馬という風に、競馬場によって成績の偏る馬は結構います。
新聞で確認するだけでなく、馬自体を覚えておくのもいいと思います。○○巧者などと呼ばれてる馬が○○で走れば楽しいことがきっとありますから。

次は距離実績です。
距離実績とは、距離別に分類した競走成績です。表記は先ほどと同じ方法です。
こちらも芝とダートの分類はされますが、コース実績とは逆で競馬場での分類はされませんが、両方を合わせた、該当する距離とコースの実績が表記されます。
新聞に載る場合は

・出走するレースの同距離の全成績(例 1600芝(これを基準にして))
・その前後の距離の全成績(1200芝、1400芝、1800芝)
・同コース同距離の全成績(京都1600芝)

という感じです。前後の距離の全成績に関しては、新聞によって掲載する範囲が違ったりします。これもお使いになっている新聞等で確認してください。

距離実績から見るのは距離適正ということになります。
適性距離は血統や馬体からその大半は決定されますが、全てというわけではありません。気性や掛け合わせ等によって走る距離が伸びることも、また縮まることもあります。
ただ、結果として残った成績は重視しても良いと考えます

コース実績・距離実績は共に結構見落としがちになるファクターです。0.0.0.0の全てに目をやることにして取りこぼしを減らすように努力しましょう。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

↓↓お帰りの際にclickしていただければ幸いです↓↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ 競馬インデックス! 競馬@予想 
スポンサーサイト
競馬は天候に左右されるところがあります。
強風や雪でその日の開催が中止されてしまうことすらあります。
中でも雨。これで中止になることは少ないのですが、
レース結果を大きく左右することもしばしば^^;。
中には、鼻っ面に雨がかかっただけで、走る気をなくす馬も中にはいるようで・・・
今回はそういう馬の探し方ではなく(多分ありません^^;)、天候による馬場状態について話を進めたいと思います。

中央競馬の場合の馬場状態は、
一応、レース前にJRAの開催執行委員の検分とコースの含水量により決定します。その発表は、芝・ダートそれぞれに良(りょう)・稍重(ややおも)・重(おも)・不良(ふりょう)の4段階の分けられています。

【良】
良馬場という言い方が一般的。芝・ダート共に水分をほぼ含んでいない状態の馬場。馬への影響は基本的にはない状態。「パンパンの馬場」「高速馬場」という表現は良の状態が続き馬場が固くなりスピードが出やすくなった馬場状態をいう。

【稍重】
「ややおも」というのが一般的。芝・ダート共に水を少し含んだ状態の馬場。ほどよく水を含んで地面が締まった状態。タイムに関しては芝にはそれほど影響しないことが多いが、ダートは速い時計が出る傾向にある。「渋った馬場」という表現は稍重~重の間で使われることが多い。芝そのものに対してはほど良い状態。

【重】
重馬場という言い方が一般的。芝では水が浮いている箇所が見え始め、馬場がぬかるんで、少し滑る箇所も出てくる状態、ダートではたっぷりと水を含んだ状態で、芝・ダート共に馬が走れば泥が飛びやすい馬場になっている。タイムは芝が遅くなるのに対して、ダートでは良より時計が速くなる傾向にある。

【不良】
不良というのが一般的。芝では水が浮くだけではなく水溜りもでき、重よりもさらに滑りやすい状態、ダートでも水が浮き泥田のようなになり滑る箇所もある状態。当然芝・ダート共に泥は飛び放題です。「道悪(みちわる)」という表現はよく水の含んだ重~不良にかけての馬場のことを指します。

馬場状態は、その日の天候とは関係なく「その日の馬場状態」なので、当日晴れていても、前日まで雨が降っていたせいで最初の発表が重のこともあります。天気だけでは判断せずとりあえず発表を見ておきましょう。

また時計で見ると
芝の場合は良>稍重>重>不良の順に時計は遅くなり
ダートの場合は稍重>重>不良>良の順に時計は遅くなります。
(芝の場合は順当だが、ダートの場合は状態によって不良>良の逆転の場合もあり)
このように芝とダートでは雨が降ると全く違うものになってしまうことを憶えておいてください。

競走馬の中には「重馬場巧者」「道悪巧者」などといわれる馬がいますが、どういう馬に対していわれるのでしょう?
従来ならば「おわんをひっくり返したような形」で地面に対して立った(垂直に近いもの)大きな蹄の馬が道悪が得意とされていました。
しかし、洋芝の導入や砂の種類の違いで、おわん型ではすべる場合も多くなり、最近では地面に対して立った小さい蹄の馬が好走するとされています。
また、走り方ではフォームのきれいなトビの大きい馬は道悪が「苦手」で小走りなピッチ走法の馬は「得意」とされています。
それ以外では、前脚の掻き込みで走る馬は「得意」、トモの蹴り(後足の力の意味)の強い馬は「苦手」とされています。
しかしこれはパドック等で確認するか一頭一頭憶えるしかありません。これは少しずつでいいですのでやるようにしましょう。

しかし競馬新聞には便利な欄がありまして、重・不良馬場の成績をまとめたもの載っています。それを「重馬場実績」「重馬場成績」などといいます。
ただし、これ自体の信用度はそう高いものではありません。理由はその数(戦績)自体が少ないことがデータとしての信用度の低さにつながってしまうからです。また実績・戦績というもの自体が初出走からのモノですので、いつごろのものなのか?何処で出した成績なのか?ということも考慮しなければならないところもあります。重馬場実績を見るときは次のようなことを気をつけてください。

馬柱内の良績で年内のものであれば評価。
対象レースの脚質、位置取り、着差は必ず見ておくこと。
連対率>勝率>複勝率の順に見ること。

例をひとつ、
重馬場実績が1.0.0.2の馬がいるとします。勝率・連対ともに3戦して3割程度。他に重馬場実績をもっている馬がいなければ別ですが、重馬場実績として大きく取り上げるにはいささか微妙です。
しかし、重馬場実績が0.1.2.0の馬だと、上記の馬と同じ3戦していますが勝ちはなく連対も同じ3割程度ですが、複勝率で言えば10割です。この場合だと少しは期待もできるというものです。

当てにしづらい部分も多い「重馬場実績」ですが、馬場状態が変わったら思案するのも一計かと存じます。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

↓↓お帰りの際にclickしていただければ幸いです↓↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ 競馬インデックス! 競馬@予想 
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。