勝ち馬を見抜く競馬予想術

競馬の予想がよく分からない、的中するにはどうすればいいのか?勝ち馬探しのちょっとしたコツを書き綴っていこうかと。

新着情報
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓お帰りの際にclickしていただければ幸いです↓↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ 競馬インデックス! 競馬@予想 
周りはスプリンターSで大賑わいの中!先週のレースの回顧録を今頃になって書くおんまです^^;
9/27のオールカマーと神戸新聞杯。
東西メイン共に長いどころという事もあったので(2200を長いどころとしてしまうのはまた別として^^;)久々に両方のレースでおもしろいものが見れたので、私なりの回顧をしてみようと・・・

両レース共にポイントは逃げで、横山典弘と武豊の腕は見ものでした。
オールカマー
横山典弘の逃げに関してはほぼ完璧な「逃げ」、本当に久々に良い騎乗を見せてもらいました。
ゲート開いて押して進出、1角でハナを奪い、向上面では2馬身ほどのリードを保ち、
3角では迫る後続を無視して動かず、4角ではコーナーワークでまた引き離し追ってゴール。
してやったりでしょう、見てて気持ちが良かったです。^^

神戸新聞杯
こちらは武豊なのですが、逆にこっちはハラハラドキドキで・・・
ゲート開いて若干追って先行力で前につき、1角で切れ込み先頭へ、2角では2馬身差。
しかし向上面で1馬身差に縮められ、3角4角では半馬身、しかし動かず我慢の子。
直線入って抜かせじと溜めた足で粘って後続必死に抑える。
しかし大外一気でイコピコに抜かれて惜しくも2着に。
こちらは先頭の逃げ馬を追い込みが捕らえてレコード決着する典型でしたね。

その2つを比較して「んー騎手なんだろうなぁ」と思う私。
いろいろ理由はあると思います。馬の出来具合だったり競馬場だったり実績もそうです。でも私の中では騎手の腕でした。
横山典弘、本当に長いどころの逃げ・先行が上手になった騎手です。(昔はむしろ・・
対して武豊は、騎乗技術という意味で見れば世界で1番の腕を持っている騎手です。(言いきります^^)
ですが、逃げに関しては私の中では常に割り引いて考えています。
横山典弘と比べて顕著なのが、ハナに立ってからペースを落ち着かせるタイミングが少し早いといつも見てました。
今回もやはり早かったと見てます。あくまでも『私の中にある逃げ方』と見比べてなので^^;
しかし、あそこまで足をためこんだのも、また武豊なんですね。
武豊は『足をためる』事に関して、本当に上手な騎手です。それは数々のレースで皆さんも良くご存知ですね。
それが逆に仇になっているのではと、私の中ではそう理由付けてます。(それ以外にも理由は・・・)
念押ししますが、私の見方ですので^^;
今回は「騎手の腕」が顕著に見れたレースだったので本当におもしろかったです。

レース等を見て菊花賞に向けて私の思ったところを。
(長いどころのレースも血統も好きなので^^;)
太いと思って捨てたアプレザンレーブは屈腱炎で長期休養に、調教VTRで走るフォームのバランスがばらばらだったので捨てたアンライバルドは4着で先行き不安(正直・・・・)。リーチザクラウンは気性による距離不安(血的にも・・・)はあるけど、調教で坂路を真っ直ぐに走れて、レースに関しても問題なし、デキもいい形で本番に対して明るい一頭かな?エアシャカールの時のように上手くインべたに付けれて、それで単騎なら・・・屋根しだいかな^^;
勝ち名乗りを上げたイコピコに関しては、次はマークされますので、それでもってこれるのならって感じですかね。
最後までずれててすみません^^;

P.S. 予想ブログの管理人さん、スプリンターS予想がんばって下さい!


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

↓↓お帰りの際にclickしていただければ幸いです↓↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ 競馬インデックス! 競馬@予想 
スポンサーサイト
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。